TOP活動にふれる 学会誌

最近号目次


第44巻第1号(2022年6月発行)

〈巻頭言〉

大学教員の教育の自由

中井 俊樹… 1

〈基調講演〉

新型コロナウィルス対策が「教える自由」に与える影響

ブルース・マクファーレン・翻訳 齋藤 芳子・近田 政博…  2

〈大会シンポジウム〉

エビデンスベースでの教学マネジメントと“内なる多様化”への取組

──関西国際大学の事例──

濱名  篤… 10

アクティブラーニング型授業と学習パラダイムへの組織的な転換を図る桐蔭横浜大学の事例

溝上 慎一… 14

コロナ後の大学における工学系教育一つの提案

山田  純… 17

大学改革において考慮すべき7つの視点

吉武 博通… 21

開催校シンポジウムを終えて

榊原 暢久… 24

〈課題研究シンポジウムⅠ〉

学修者本位の教育への転換の要件

──趣旨説明と研究の軌跡──

深堀 聰子… 26

理工系総合大学での統合的科目「SD PBL」におけるPEPA

伊藤 通子・松下 佳代・中島 英博・斎藤 有吾… 30

Tuningテスト問題バンクの教学マネジメントへの活用

中島 英博・深堀 聰子・田中 一孝・斎藤 有吾・長沼祥太郎… 35

実践的研究の基盤となった理論・実証研究の再整理

佐藤 万知・中島 英博・長沼祥太郎・畑野  快・斎藤 有吾… 39

実践的研究から導かれる暫定的な結論Ⅰ

──理工系総合大学での実践的研究(PEPAとPBLを中心に)──

松下 佳代… 44

実践的研究から導かれる暫定的な結論Ⅱ

──Tuningテスト問題バンクの教学マネジメントへの活用──

深堀 聰子… 49

コメントとディスカッション

田中 一孝… 54

残された課題と今後の展望

深堀 聰子… 57

〈課題研究シンポジウムⅡ〉

大学教育における質的研究の活用可能性

──課題研究の経緯とシンポジウムの企画趣旨──

山田 嘉徳… 61

大学教育実践に活用される質的研究のあり方に関する検討

山田 嘉徳・谷  美奈・西野 毅朗・服部 憲児・上畠 洋佑・山路  茜・森  朋子… 63

大学教育における質的研究方法の普及に向けた活動

──質的研究法セミナーの取組成果を踏まえて──

山田 嘉徳・上畠 洋佑・森  朋子… 68

課題研究「大学教育における質的研究の可能性」コメント

佐藤 浩章… 73

〈課題研究シンポジウムⅢ〉

課題研究シンポジウムⅢの趣旨説明

塚原 修一… 75

コロナ禍がもたらす大学教育の可能性

──対象・方法・内容──

村上 正行… 76

米国の成果基盤型教育(CBE)に関する理論的検討

──ニューノーマルに向けての可能性の模索──

山田 礼子… 78

米国の成果基盤型教育(CBE)の事例報告

──ブランドマン大学──

塚原 修一… 83

「ニューノーマル時代における学習環境デザインモデルの構築」の研究目的と背景,研究計画について

千葉美保子… 87

コロナ禍以前の学習環境に関する文献調査について

川面 きよ… 90

コロナ禍の学習環境に関する調査報告

遠海 友紀… 94

日本の高等教育におけるライティングセンターのオンラインチュータリングを考える

岩﨑 千晶… 98

2021年課題研究シンポジウムⅢのコメント,応答,まとめ

塚原 修一…102

〈課題研究シンポジウムⅣ〉

大学教育・経営人材の育成とプログラム開発に関する研究

──趣旨・目的・コンセプト──

福留 東土…104

修了生の観点を交えた大学経営・教育人材育成のプログラムの考察

──本課題研究と関連する大学経営・政策コースの取組をもとに──

井芹俊太郎…106

大学教育・経営人材の専門教育

河本 達毅…111

大学教育・経営人材の育成における大学院プログラムの役割

──「事務出身者」にかかる先行研究と事例からの考察──

木村 弘志…114

国際比較の視野からみた大学教育・経営人材育成

──アメリカにおけるガイドライン作成の取組──

福留 東土…119

指定討論:プログラム開発と大学構成員の多様性を考える視点から

鳥居 朋子…124

指定討論:大学職員育成を巡る三つの論点

──修士論文・専門職化・カリキュラムのあり方──

寺﨑 昌男…126

大学教育・経営人材の育成とプログラム開発

──2021年度課題研究集会における全体討論の整理──

蝶  慎一・戸村  理…128

〈研究論文〉

「体育会系神話」の検証

──体育会系学生の内定獲得に関する傾向スコア分析──

宮田 弘一・中尾  走…130

〈事例研究論文〉

学生参画型FDの有効性と継続性

──岡山大学を事例として──

中里 祐紀…140

〈展望・総説論文〉

高校・大学間における教育接続タイプの特徴

田中 孝平…150

〈書評〉

加藤真紀・喜始照宣著

『グローバルに問われる日本の大学教育成果』

(東信堂,2019年3月,192ページ)

森  利枝…160

鳥居朋子著

『大学のIRと学習・教育改革の諸相─変わりゆく大学の経験から学ぶ─』

(玉川大学出版部,2021年12月,177ページ)

中島 英博…161

〈学会報告〉

…163

〈編集後記〉

…187



第43巻第2号(2021年12月発行)

〈巻頭言〉

大会初のフルオンライン開催を振り返って

前田  裕…  1

〈基調講演〉

コロナ後の教育へ──オックスフォードからの提唱

苅谷 剛彦…  2

〈大会シンポジウム〉

シンポジウム「コロナ時代の大学教育の挑戦─大学教育と学生生活の両面から─」

企画趣旨及び開催報告

山田 剛史…  9

東北大学における緊急学生支援パッケージによる組織的な学生支援

山口 昌弘… 11

関西大学におけるコロナ禍の変化への対応

土橋 良一・川瀬 友太… 14

アンケート調査に基づく授業種別に適した提供方針の提案

田隈 広紀… 18

〈研究論文〉

就学行動の多様化と学士課程間移動──仮面浪人の戦略と保険の逆説──

福島 由依… 21

自己効力感と自己調整学習方略の因果の方向性の検討

──大学生版自己調整学習方略尺度の開発を通して──

畑野  快・斎藤 有吾… 31

米国ワシントンDCにおける留学生受け入れに対する大学教職員の認識

──機能類型にみた「問題」「権利」「資源」──

陣田 内美… 40

大学院の修了が就職後の知識・能力に与える影響

──業務外学習時間と就職先の職種に着目して──

木村 弘志・井芹俊太郎… 50

正課内外での複数の文脈を経験した大学生の学びの意味づけに関する探索的検討

──大学生の成長理論に照らして──

高澤陽二郎・松井 賢二… 60

短期大学生における学生生活の充実度と能力形成

──学生生活の学内・学外の配分時間に焦点をあてて──

渡邊 和明… 70

〈事例研究論文〉

国際交流事業における集団構造の特徴が参加学生の現地での行動および心理状態に及ぼす影響

木村  誠・ハン プゥ・塚脇 真二… 80

〈ラウンドテーブル報告〉

学部における教育情報の活用およびIRの現状と課題

──全国調査と事例研究の分析を通して──

鳥居 朋子・岡田 有司・山田 剛史・林   透・高橋 哲也・村上 正行・串本  剛・大山 牧子… 89

理系大学教育の視点から考える高大接続

吉永契一郎・鈴木 久男・斉藤  準… 94

大学教育・経営人材と大学院教育

福留 東土・中世古貴彦・幾田 英夫・河本 達毅・井芹俊太郎・出光 直樹・栗原 郁太… 99

SoTLにおける「実践コミュニティ」の意義と役割を考える

井上 史子・安岡 高志・小笠原正明・三尾 忠男・大串 晃弘…104

コンセプト・ベースド・カリキュラムとその指導法──その理論と実践事例──

佐藤 浩章・山本 秀樹・山本 達也…109

DXによる大学体育の未来──カリキュラム開発と授業・組織運営改革──

北  徹朗・小林 勝法・北村 勝朗・中山 正剛・田原 亮二・平工 志穂…114

入学前教育プログラムの可能性

溝口  侑・清水 栄子・原田  章・田上 正範・松井 晋作・森  朋子…119

学習者中心の教学マネジメントとIRに関する実践的研究

藤木  清・松尾 美香・荒木 俊博・望月 雅光・石井 和也・川越明日香…124

英米豪における大学教職員像の変容と日本への示唆

杉本 和弘・大森不二雄・森  利枝・丸山 和昭・夏目 達也…129

「コロナ禍における学生の学び」質的調査の振り返りから考える質的研究の要点

山田 嘉徳・上畠 洋佑・山咲 博昭・谷  美奈・山路  茜・西野 毅朗・服部 憲児…134

学修成果アセスメント・ツール活用支援を通したエキスパート・ジャッジメントの涵養と大学組織の変容

──実践的研究から導かれる示唆──

深堀 聰子・松下 佳代・伊藤 通子・中島 英博・田中 一孝…139

〈書評〉

山田勉著

『学生参加による高等教育の質保証』

(東信堂,2021年2月,127ページ)

廣内 大輔…144

谷美奈著

『「書く」ことによる学生の自己形成文章表現「パーソナル・ライティング」の実践を通して』

(東信堂,2021年3月,167ページ)

井下千以子…146

〈学会報告〉

…148

〈編集後記〉

…190



第43巻第1号(2021年6月発行)

〈巻頭言〉

コロナ禍における学生支援

沖  清豪…  1

〈基調講演〉

学生相談・学生支援の20年

──実践と組織化を支える理念──

齋藤 憲司…  2

〈開催校シンポジウム〉

特別支援教育と高等教育との接続

近藤 武夫…  6

合理的配慮から──共生社会のFD──

青野  透… 10

留学生への学生支援

大西 晶子… 13

今,学生支援で何を問うべきか

沖  清豪・望月 由起… 17

〈課題研究シンポジウムⅠ〉

大学のライティング教育研究の歩みと課題

──大学教育学会誌40周年の動向から──

井下千以子… 20

論述課題と指導内容に関する高大接続の観点からの検討

──中高一貫校の事例をもとに──

井下千以子・柴原 宜幸… 23

探究学習を企図した専門科目でのレポート指導が批判的思考力・論理的表現力の育成に及ぼす効果

──目的と方法──

井下千以子・柴原 宜幸・小山  治… 28

ライティング教育にいかにリーディング学習を組み込むか

──初年次教育科目において──

杉谷祐美子… 33

大学時代のレポートライティング経験は仕事においてどの程度役立つか

──社会科学分野と工学分野の比較

小山  治… 38

指定討論

山地 弘起… 43

「筋肉トレーニング」としてのライティング授業

小笠原正明… 45

〈課題研究シンポジウムⅡ〉

大学教育における質的研究の可能性

──課題研究の目的と研究課題の整理──

山田 嘉徳… 47

大学教育を対象とした質的研究の文献調査

山田 嘉徳・上畠 洋佑・森  朋子・山咲 博昭・谷  美奈・山路  茜・西野 毅朗・服部 憲児… 49

質的アプローチが明らかにしたコロナ禍における学生の学びの様相

上畠 洋佑・山田 嘉徳・森  朋子・山咲 博昭・谷  美奈・山路  茜・西野 毅朗・服部 憲児… 54

〈課題研究シンポジウムⅢ〉

学修者本位の教育への転換の要件

研究枠組みと取組の全体像(趣旨説明)

深堀 聰子… 63

エキスパート・ジャッジメントと組織変容

畑野  快・斎藤 有吾・長沼祥太郎・中島 英博… 65

個人,集団,組織の相互作用による変容プロセスの一考察

──コロンビア大学Frontiers of Scienceの事例より──

佐藤 万知… 69

PEPAによって学生の成長を縦断的に評価する

斎藤 有吾・松下 佳代… 74

学習システム・パラダイムへの転換におけるPEPAの有効性

──東京都市大学のケーススタディから──

伊藤 通子・松下 佳代・斎藤 有吾・中島 英博… 79

Tuningテスト問題バンクの教学マネジメントへの活用

深堀 聰子・斎藤 有吾・田中 一孝・長沼祥太郎… 84

学習システム・パラダイムの転換に向けて

──2020年度課題研究シンポジウムの総括と展望──

田中 一孝… 89

〈課題研究シンポジウムⅣ〉

アクティブラーニングを支援する学生アドバイザーの制度・研修・効果に関する実証的研究

杉森 公一… 93

LA運営者向けアンケートの調査設計・報告とLA憲章の提案

杉森 公一… 95

総合討論:LA憲章(学修支援の実践を支えるLA実践のガイドライン)の提案

杉森 公一・堀井 祐介・宮本知加子・田尻慎太郎… 98

討論の柱として

沖  裕貴…100

〈研究論文〉

初修外国語教育における「教養的要素」──現場の教員の語りに注目して──

樊  怡舟…101

大学教育のコースデザインにおける逆向き設計論の適用上の課題に関する一考察

──大学教員候補生の調査結果から──

長沼祥太郎…110

学生が単位不足に至るプロセスに着目した質的研究

中西 勝彦…120

〈事例研究論文〉

文系学部の学生はキャリア科目をどのように評価しているのか

──大学の入試難易度に注目して──

菊池美由紀…130

AP採択校におけるDP達成のためのカリキュラム・マネジメントの分析

大関 智史・林   透・斎藤 有吾・深野 政之・山崎 慎一…140

高大接続における学習の連続性と非連続性の検討

──高校で探究学習を経験した学生の語りの分析を通して──

田中 孝平・松下 佳代…149

パーソナル・ライティングからアカデミック・ライティングへのジャンル横断的思考変容のプロセスモデル

──Personal Writing vs. Academic Writing論争からの新たな展望にむけて──

谷  美奈…159

〈書評〉

吉武清實・岡田有司・榊原佐和子編

『共生社会へ─大学における障害学生支援を考える─』

(東北大学出版会 高等教育ライブラリ16,2020年3月,221ページ)

片岡 美華…169

伊藤実歩子編著

『変動する大学入試 資格か選抜か ヨーロッパと日本』

(大修館書店,2020年9月,278ページ)

西郡  大…171

〈追悼文〉

透徹した洞察,卓抜な行動力──関根秀和先生を悼む──

寺﨑 昌男…173

追悼:関根秀和先生

小笠原正明…175

〈学会報告〉

176

〈編集後記〉

197